最果てタウン電波塔

思った事を書き残してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

熱くなったよ!

何だか松岡を見ていたら熱くなってしまった。
多分松岡では作らないだろうと思ってたんですが…。



面白いもんではないです。
ピッチどころか速度もいじってない手抜きでサーセン。
でも松岡がカッコ良すぎていじる気が起きなかったんだよ!

曲は玉置浩二さんの好きな曲から。
中学生の頃、曲名も歌手名も知らないままずっと口ずさんでいました。
その後詳細を知ったのは大学3年のふとした時。
その間7年ほど何もなかったのですが、覚えていましたね。
本当は動画を手書き系にしたかったのだがオイラにそんな技術ありませえん。
おれ諦めたよ!


本命の方が進まないね。仕方ないね。
ちょっち忙しくなってきたし。




~WAWAWA忘れずに動画紹介~


ってかなんと言ってもこれでしょう。

WAWAWA・忘・れ物【ナイト・オブ・ナイツ】


毎時一位キター!!!
わたしゃβ時代から見ているもんなんで、谷口が一位ってもうそれだけで感激っす。
動画的にもランキング的にも、本当良い物が見れました。



あと全然関係ないジャンルですが応援せざるを得ないのが、

【好きな人が】ヲタク・女・19歳・ダイエットpart0【できました】



ゆ…勇者過ぎる…。
マジで頑張って下さい。
誰だ!市場にカニとか旨そうなモン入れた奴は!吹いたじゃねえか!



~コメントへのHEHEHE返信タイム~


>>baranceさん

ごぶさたです!こっそりと帰ってきてました。
覚えてますよ~、復活前の唯一のコメントでしたし。
おかげさまで就職できました。
本当に皆様のおかげだと思っております。

たまにコメントでも有るんですが、実はムキムキは手書きではないんですよねww
フラッシュに定評のある富竹さんの画像とのコラになっております。
富竹プリンセスで検索すれば出てきますよ~。
というか、あんな上手い絵描けないっす(涙)
描けたらいいなあとは常日頃思っているんですけどね~なかなかです。


松岡は自分で作ってて泣きそうになってました。
感情移入しやすい人間で、すぐになんか世界に入っちゃうんです。
そのせいで時々くどくてウザイ人間になっちゃうんですけどねwww
一生懸命頑張る人は好きです。だから松岡も大好きですよ。
っていうかむしろこっちが応援してあげたいくらい。
頑張れ松岡!!


ではせっかくなんで待望?の何故歌ったかを事細かに解説しましょう!
ちょっち長くなります。

まず、激しく印象強いメロディーを持つナイトオブナイツだと、
基本は音程合わせというのが割と通説みたいです。
ただ、テンション高くがっちりビートを刻んでる曲という事で、連打とも相性が良いです。
それは開祖であるナイトオブコマンドでも分かります。
じゃあ連打で行くなら中盤の緩い所をどう処理するかが問題になります。
ここは曲調を考えると連打でインパクトを与えるのではなく、
ある程度流れるような形にしないと行けません。
そこで列挙が良いと思いました。
そもそも列挙を存分に使える曲はそんなに多くないと思うので(他だと最終鬼畜とかですかね~)
しっかりとそういうエリアのあるナイトオブナイツで目一杯やってみたいな、と。
普段あそこまではなかなか伸びない代ゼミが伸びてたりしましたしね。
かがみオブフレンズのみゆきさんエリアもそうです。

じゃあ、何を列挙するかです。
テーマはサビの強靱ムキムキ×3が先に思い付いていたので、
これは筋肉列挙しかない!!と思いました。
でも、社長は橈骨手根屈筋なんて言葉はおろか筋肉とも喋ってない感じだったので、
……んじゃ、自分の声でどうにかするかな、と。
筋トレパートナー的にすれば、動画の中の自分の立ち位置も確保できるし…。

あと、最近音MAD歌い手さんが動画を作る時代になってきたんで、
逆にMAD作者が歌うってのも有りじゃねえかと思っていました。
せっかくだから自分の歌を入れる場所も考えて一緒にや交代に歌う感じにしたら、
「自分で作って自分で歌う」でしか出来ないことも出来るなと思って、
目一杯やってみました。


で、後は恥ずかしさを乗り越えるだけです。
いや、あんまり乗り越えられなかったんですけどね。



こちらこそグダグダと長々と返事書いてしまいスイマセン~。
ではまた~。


>>nirezozoさん

そう言ってもらえると嬉しいっす。
オイラはネガティブな人間なので、松岡みたいな人に凄く憧れるのですよ。
あんな風にイキイキできたらいいのにとは、常日頃思ってるんですけどね、なかなか。

スポンサーサイト
未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |