最果てタウン電波塔

思った事を書き残してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

海vansが出来るまで動画編

では動画の方です。



何か無駄に力入ってしまいましたが実は動画は完全にオマケなのです。
発案とかも全部音が先なので。

なのになんでこんなふうになってしまったかというと。

evansで作るとなるとやっぱ譜面再現動画かなあ。

でも、再現するだけじゃイマイチ面白くないなあ。

どうせなら譜面も適当にアレンジしちゃおう。

せっかくだしチャージノートとか入れたれ。

遊戯王らしくバトル要素としてお邪魔を入れたら面白いかも。

お邪魔ならキャラ別に必殺技があると面白いよね。

キャラ入れるならキャラセレクト画面作るか。

じゃあ曲セレクト画面もいるよなあ。

どうせなら曲はかつての遊戯王MADの名曲から選んでみよう。

ってかもう全部作ってしまえばいいんじゃね?jubeatならなんとかなるだろ。

というかなり自然な流れで大体全部作ることになりました。


いくつか諦めたんですが、最低限形にはなったかなあ、と。

<諦めたもの>
・シャッターボーナスの正確な点数
・ミュージックバー
・3曲設定
・対戦相手のグレ判定、グッド判定等の画像を変えること
・4本同時投稿(各キャラからの視点で。動画は簡単でも音がキビシイ)

まあ、作業量的にしょうがないね。
今思えばシャッターボーナスはちゃんと計算して出せば良かった。

ちなみに各キャラの点数はシャッターボーナス除いて
端数処理の範囲で正しいはずです。(ただし、great判定がない3段階判定です。)


テクニカルな話をすると、

・点数計算、コンボ表示は全てエクスプレッションで計算させています。
 計算式が分かっているので、各ノートのタイミングに合わせて
 各判定ごとに分類して数をカウントします。(手打ち。とてもツライ)

・ノートの位置もエクスプレッションです。
 レイヤー名を「1/4/」とすると一番左下になるような感じにして、
 全部トランスフォームの位置に入力する手間を省略しています。
 (位置とタイミングは全て手打ちです。)

・原曲のBPMは185なので、動画のフレームと上手くシンクロしません。
 なので、原曲のBPMを180にしたものでタイミングを取って作成し、
 それを最後に185のものにあうよう、速度調整しています。

 BPM180だと、16分音符が毎秒60フレームで5フレームぴったりです。
 そのため、今回は毎秒60フレームで作成しています。(まじレンダに時間かかる)

・全体的にグローで色を付けて統一感を出してみました。
 適当に三角関数でエクスプレッションをかけ、時間的な強弱をつけています。


こんなところですかね。エクスプレッションちゃんマジ天使。

あと、余談としては、

・エクセル使って点数や譜面作って取り込めば良かったなあ。
・オチがなさ過ぎたので最後にボケました。
・エネミーコントローラーはもう少し見やすくすべきだったなあ。
・待機中の曲とファンファーレは良いのが見つからなかったので自作しました。
 何とかそれっぽい形にはなってるよね。
・ノート数が同じになったのは完全に偶然の奇跡
・KaIbA
・800×600で作りました。非圧縮はめっちゃキレイだぜ!
・ほとんど素材を使ってません。ジャケットと顔グラくらいです。
・絶対やったら面白くないタイプのゲーム。

こんなところかな。

何かの参考になればいいなと思うのでAEのファイルおいておきます。
http://dl.dropbox.com/u/1519093/yu-gi-beat4.aep
ぶっちゃけほとんど素材を使ってないので、ちょっといじれば簡単に再利用できます。
ただし、結構ぐちゃぐちゃしちゃったので何をやってるのかよくわかんないかも…。
そん時はメールでもtwitterでもskypeでもてきとーに聞いて下さい。
あと、こうした方がいいのにってのがあったら教えてくれると嬉しいです。
多分いっぱいあるとおもいますが…。

ではこんなところで!
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |

書けるときに書いておく

で、今度はこれの話




ご覧の通り、evansです。

evansは本当に良い曲だよね!!
なんと言ってもこのラスボス感!

曲だけでまさにラスボスとの戦いって感じで
「やっとここまで来たんだ、負けない!!」
ってセリフとシーンがもう目に浮かんで来ちゃう。

良い曲はいっぱいあるけど、evansが少し特別で、
それを特別たらしめているものはまさにここだと思う。

って訳で、そんなカッコイイ曲に似合う人はやはり

「海馬瀬人」

この人しかいないでしょう。


と言う訳で海馬社長にその格好良さを熱く語ってもらうことに。
じゃあ刻んだりするのより、やっぱ人力だよね。
前から社長のキャラソンを勝手に作って歌わせたいってのがあったし、
これで行こう、ちょうどいい。

そんな経緯で、人力メインに決定。
最高音がEだったので普通の男性の声の範囲で行けるかと思ったら、
全体的に低くなり、低い方へのピッチシフトはどうも綺麗にいかなかったので、
諦めて1オクターブ上げることになります。

「やめて!社長の喉のHPはもう0よ!!」

後は海馬の人生に思いを馳せながら歌詞を考え、それを歌ってもらうだけ。
やりかたはメロダイン先生に一音一音変更してもらうだけです。
変更する際は前と後の音をできるとこは繋ぐようにして、
なんか変になるものはフォルマントをいじって、
ここは盛り上がるポイント!ってのは音量を大きくして、
ってするといいんですが、スイマセン。全部はしきれてません。

なお、中盤のボーカルは1オクターブ下も重ねています。
オク下だけ聞くと何言ってるか分かりませんが、
合わせて聞くとなんとなくボーカルが厚めに聞こえます。なんとなく。
あとは間奏は微妙にハモりを入れたりするくらい。
また、後半はメロディーを強調したいので適当に楽器を載せています。
というわけで、ご覧のとおり大したことはしてないですね。

それらを

・イコライザでローを下げミドルを上げ
・コンプで音量調整
・ディエッサ
・リバーブ
・もう一度イコライザ

した後、ローを上げ、ミドルを下げた原曲と合わせてリミッタをかけて完了。
歌ってみたのMIXの方々がされていることを参考にしてみましたが、
あまり上手くできたかどうか正直分かりません。
原曲のローを上げすぎたかなあ。
強めのバスが欲しかったけど、やりすぎたかも。

あと、わたしゃあまり人力うまくないので、強めにリバーブをかけてます。
曲とも合うのでそこはまあ、悪くない感じ。

曲はこんなとこですな。次回は動画の話をしましょう。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

更新しなさ過ぎだぜうひょお

しなさ過ぎですすいませんごめんなさいごめんなさい。

さらりと放置した後に色々と投稿してました。



とか



とか。

いやあ自分にしてはありえないペースだ。
まさか1ヶ月半で一本だなんて。

と言う訳でちょっと説明とか言い訳とかをしておきましょう。


まずひとつめ、アレです。アレです。また歌ってしまった。

ずっと音楽を作りたかったのです。
でもわたくしゃは昔から音感というものがどうもからきしで
どーにもならんし、コード?サブドミナント?テンション?
みたいなものでもうなにがなんだかさっぱり。

っていってもねぇ、諦められないよ!って訳で、
去年の4月くらいからちまちま考え始めてできたのがコレ。

普通にやってもダメなら声入りだ!ネタに走ろう!
っというとても安直な発想なのです。

稲田姫様に叱られるからはとても良い曲で大好きだったので、
一度何か作りたかったのですが、まさかこんな形になるとは。


絵も書いてみましたが、これは明らかに不要なのに無理矢理描きました。
「こういう機会を逃したら絶対オマエは描かないだろ!」って自分に言い聞かせて。

絵もねぇ、描こうと思っては下手くそぶりに嫌になっての繰り返しですよ。
でもねぇ、やっぱ上手くなりたいのですよ。

だから、こんなふうにちまちまとね、ちょっとずつ上手くなればいいなあ、と。

でもって、こんな下手くそな動画ですが、まあみなさんに楽しんでもらえれば、
馬鹿な事した甲斐もあるものと思う訳です。


これについてはこんなところで。次の動画についてはまた次回に~。



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |