最果てタウン電波塔

思った事を書き残してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

休みの間に

忙しかった時に元気をもらっていた動画たち

コメントもらった人が多いのはあまり自分で動画を探しに行けなかった都合であります。
ランキング動画が多いのもその所以であります。
いまさらな感もあるものもあるかと思いますが、
やっぱり思ったこととかあるじゃないってことで書かせて頂きまする。





自分の大好きな稲田姫様マジ切れ動画。
家族or他人がいるときはヘッドホン推奨。
宣伝しても良いのか分かりませんが、もっと評価されても良いと思うので。
毎日の日課です。




物語も佳境です。ええ話になってきました。
笑いと涙と感動とがあるゲームを作る。あああおれがやりたかったことだ。
大好きなRPGとかって終わりが近づいてくると、
進めたいような進めたくないような気持ちになりません?
今ちょうどそんな気分です。




奈良を歩いた時にずっと聞いてました。他のゴエモンメドレーと共に。
「朱に交われば禅の心」が雰囲気と合いすぎです。
スーファミ時代のテンション上がるのも大好きですが、
64時代の穏やかな曲調もまた素晴らしいです。
機種の制約もあったんでしょうけどね。




完成度高すぎますよね。作品ごとに毎回吹かせて頂いております。
毎回思うんですが、これをAudacityで作れるってのが本当に凄いなあと。
オイラなんか良い物持ってても全然使いこなせてないのです。
つよしーの所の展開がもう大好き。




動画付きのキワミMADは本当、久々に見ました。
やはり動画付きは迫力ありますよね~。
しかもロックマンの所とかふるちんきょうしつとかさりげなく凝ってますよね。
自分も良くお世話になったキワミなだけに応援したくなります。
でも実は自分の限界を感じたのもキワミだったり。




第5回音MAD晒しの宴はあまり見て回れてなくてランキング覗いたくらいなんですが、
個人的には今までで一番楽しめました。
やっぱ自販機さんは音へのこだわりが凄いですよね。
本当に見習いたい。
というか正直他にも見習いたい人が多すぎてどっから見習っていったら良いのか分からん。
リアルでもそうですがいつも見渡せば周りに凄い人ばかりです。






あかんわ~、完全に盛られてもうたわ~。
最近アニメを見てないんで少しずつ世情から疎くなってきたのですが、
普通に見てみたくなりました。みのりんかわええ。
しっかし音MADがこう、ぐぐぐぐーーんんっと評価されてるのを見ると嬉しくなりますね~。
ほんとランク一位おめ!




もうね、吸い込まれるようにクリックしてしまったんですよ。
1分にこれだけ詰め込めるって凄いなあ。
編集も凝ってるし何回見ても飽きない。




名作ですよね。
なんで普通にええ話っぽくなってるのってくらい。
全部一人でやったとは思えないくらいハイクオリティですよね。
こういうのもいつか作ってみたいと思った。




これはなんちゅうもんが出来てしまったのかと。
音声も動画も本当に隙間なくハイクオリティですよね。
これだけの作者さんが集まって作ればそらそうや…なんて割り切って思えないですよ。
圧巻です。

もしも、もしもここにきちっとした監督が居て、
構成と演出を考え、それに沿って全員が持てる力を発揮、一致団結したら、
普通に商業レベルの音MADも出来るんじゃないかという気すらしました。
商業レベルの音MADが何なのかは良く分かりませんが、まあそんな感じのもんです。
多人数集まった時のエネルギーはやはり違いますね。

商業レベルで思い出しましたが、全農連Pさんの参加したCDの
ITAKO GIRLがあまりにカッコ良すぎてもはや笑えてきてしまった。
3分後半くらいからもう神!


さて長々と振り返りながらgdgdgdgdgと書いてみましたが
とりあえず今後の予定としては、
年内に3つか4つ出来たらいいなあと言う所です。
どうみても多いよね…。
まあ、どうせオイラだからまた無理な可能性が高いですが…。

とりあえず、諸処の事情によりゆーちゃんでいくつか作ります。

他にも松岡とか作りかけのとか、全然ジャンルの違うのとか
頭の中にネタなら10個以上有るんですが、
時間も技術も足りないのでできるとこからやっていきます。
では長々と書いてしまいサーセン。
でも多分次はもうちょっと長い文を書くことになると思う。
コレを読んでちょっと思ったことがあったので



基本的に同じ意見です。ビジネス的には全くその通りだと思います。
でも、ちょっちビジネスでない側面から見ると違って見えたりとか、
思ったことがいくつかあるので書いてみようかと。
基本的に後半の話についてです。
多分ありきたりな上つまんないので期待はしないで下さい。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「一億総クリエイター」という勘違いに至る道のり」を読んでその① | HOME | 一段落ー!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |