最果てタウン電波塔

思った事を書き残してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

上海紅茶館ができるまでその1

自分は人がどのように考えてどのような作品ができるかの、
作成の過程に結構興味があります。
じゃあまず自分から晒しちゃえ!
ってなわけで書こうと思う次第です。
ほかにできることもないですしね。
作る順番とかも書くので何かみなさまの参考になれば。
ぐだぐだで申し訳ないですがではではスタート。



そもそもアイデアが出たのは去年の社長夜行公開直後です。
結局、海馬社長の見つけた答えってなんだろうと考えていたら、
やっぱ最終的には愛になるのが王道かなあと思いました。

となると、ニコニコで愛を語らせたらこの人、泉こなたさんの登場です。
愛にはやはりライバルが必須!ということでライバルも用意。
相手には正反対のタイプがいいだろうと考えて、
カッコよくて何でも持っててみんなから尊敬のまなざし…の逆といえば。
そう、クラッシャーくんですよね。
というわけで構図は決定です。

次に曲なのですがこいつはあっさり決まりです。
上海紅茶館を最初に聞いたときに、
「思いを背負った悲しげな戦い(ラスボス級)」ってな印象があったのでピッタリです。
いい曲やなあと日々思ってたので、もうこれしかないということで決定です。

次に脚本や展開を考えて行きます。
ここが一番楽しいところです。
とりあえず、テーマは愛ということで社長には何でも手に入れる系のキャラを演じてもらい、
キーワードは曲とも語呂が合う「この世界は誰のもの」に決定。
社長のキャラに関係してIKZOも出そうかと思いましたが入りきらないのでボツ。
それと対抗する形でクラッシャーは「本当の愛とは」を語る役で登場。
そして、人はなにより恋に破れて強くなるので、
海馬社長には一度ガチ失恋を味わってもらう展開に。
そうなるとこなたは完全に悪役になってしまって申し訳ないので、
何とかエピソードをつけて結局すべてこなたの手のひらでうまく収める話を作りました。

これで脚本は完成、後は曲に合わせて展開を配置します。
イントロは話の流れをわかるようにしないといけないので、
対決姿勢を前面に出して行きます。

落ち着く場面ではまさに自己紹介と曲がピッタリだと思ったので、
それぞれの言い分を語ってもらいます。
次の桜吹雪シーンでは曲的に回想シーンの雰囲気だったので、
こなたとの邂逅そして愛に気づくところを持ってきます。
そうすると曲の展開と社長の主張からクラッシャーの主張が非常にしっくりくる流れになります。
サビは基本盛り上げたいので対決シーンを詰めるようにします。

そしてこの後は曲の起承転結の転の部分となる大事なポイントです。
曲が最大限盛り上がった後の静寂という流れから、
どちらかがやられてしまったという展開がピッタリです。
その後の復活にもつなげられます。
また「転」なので驚きや今までなかったものを重視します。
そこで定番でありながらまだまだ改造の余地があるエネコンと、
死のデッキ破壊ウイルスの連想からつかさウイルスを持ってきます。
その後は復活→対決の流れです。

ただここで曲に問題があって、終盤が延々フェードアウトな展開というところです。
おそらく上海紅茶館がMADを作りづらい理由の一つでしょう。
なので、「もってけ」の時に終盤盛り上げが足りなかったら使おうと思ってて使わなかった、
原曲の強引な転調を使います。
終盤に大仕掛けがあると非常にテンションが上がるので、
そういう意味でも大きいです。
後はこのタイミングにあわせて失恋ネタを持ってきます。
一応和解しないと話が終わらないので無理やり仲良くなってもらい、
サビで思いっきり盛り上がったら後はほどほどのでクールダウンです。
一番終わりに「答え」をしゃべってもらい、終了です。

また、終盤は定番のつかさ笛で盛り上げを狙います。
ただ、普通にやってはつまらないのでかがみんにも頑張ってもらいます。
同じ音だとまた面白くないのでせっかくなら横笛にして、
旋律もなぞるだけでないようにします。
するとみゆきさんの出番がありません。
これではあまりにかわいそうです。
そこで、まずクラッシャーの翻訳をしてもらいます。
でもセリフはひとつもありません。まだかわいそうです。
なので、最後の大一番にバイオリン持って登場してもらい、
切ない感じを出すのに貢献してもらいます。
本来なら上のニコ割部分でみゆきさんのショートストーリーを展開する予定でしたが、
時間の都合上あえなく断念です。

と全体の流れは大体こんな感じになります。


今回はここまでですが、
次はもうちょっと細かく各部を見て行きます。
細かいテクニックとかも書く予定ですが…テクニックと呼べるほどのものかどうか。
まあ一般常識かもしれませんがそれでも、誰かの役にたちゃいいかなと思うので。
ではでは~



~コメントへの返信テクニック~

>>いちご大福さん

はじめまして!いくつか作品拝見させてもらってます!
毎回MAD歌い手さんの作品を見るたびに、
何故この方々はこんなに頑張れるのだろうと思うわけですよ。
そもそも人間が歌えるようにできてないものばかりじゃないですか。
なんで、オイラも負けてたまるかってことで頑張ります!
いちご大福さんも頑張ってくださいね~。
スポンサーサイト

MAD作成講座 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<上海紅茶館ができるまでその2 | HOME | ご報告まで>>

この記事のコメント

どうも初めまして♪
いちご大福と申します(o^∇^o)ノ
ニコニコ動画では主にMAD動画を歌わせて頂いている馬鹿もんですw

こういう製作裏話って大好きです!
てか、シロさんの動画に込める想いがたまらないぜ☆

これからも頑張って下さい(ノ*゚▽゚)ノ
2009-05-23 Sat 15:13 | URL | いちご大福 [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-24 Sun 13:48 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |